早大卒のアダルトチルドレン

ひとり、しなやかに、生きる。私は私。でも、自分の人生を取り戻すために。

自分の道は、切り開けるときだけ、切り開けばいい

昨日はブログを書けなかった。

 

色々と、心を動かす出来事があったからだ。アダルトチルドレンとは関係なく。それについては、おいおい書ければと思う。

 

 

今日は、仕事についてのこと。

 

かなり端折って、今の私の仕事の状況を言うと、「いずれ抜けることはほぼ決まっているけれど、少しでも早く抜けたい仕事」をしている。

 

もっと簡単に言えば、「やりたくない仕事と状況」にあるということだ。ただ、生活していくのに仕方がないから、その状況に甘んじている。本当に、「生活していくために」だけ。

 

本当は、嘆きたい。でも嘆いても何にもならないから、一応やれるだけのことはやる。

 

ブルーな気分とも、ちょっと違う。強いやるせなさとでも、言うのだろうか。

 

要するに、なんとも言えない気持ちを抱えるのだ。今日関わったその仕事に、私は平日3日を費やしている。別の2日は、また別の仕事。土日も仕事をしたり。

 

 

客観的な状況描写は、このくらいで。とにかく今は、「この状況を続けるしかない」わけなのだ。

 

そんな時、かつての私なら、「一刻も早く抜け出したい」と考えてジタバタ。失敗して、心がボロボロになるという悪循環だった。

 

それが今は、「やれることをやればいいさ。べつにうまくいかなくても」という心持ち。なんだか、落ち着いている。

 

 

これには、離婚して身軽になってしまったことも、一つの理由ではあろう。

 

ただ、色々と激動の昨年を経験して、心が成長したとも思いたい。

 

「しんどいなぁ」「なんだか気が進まないなぁ」と、思うこともある。でも、そんな自分の思うところを、今は自分で客観的に見れている。

 

「俺はしんどいと思っているんだな」→「そう思うのも仕方がないじゃないか。だってこの状況だもの」みたいに。

 

自分の気持ちを客観的に捉えられると、以前みたいにジタバタしなくなる。どうにもならないんだから。

 

 

一方、人の成長過程でよく言われることは、「自分の道は自分で切り開け」みたいなことだと思う。

 

べつに、それを否定しようとは思わないが、いくら頑張ってもどうにもならない時。これもやっぱり、あると思う。

 

自分の道は、切り開けるときだけ、切り開けばいいのではないか。切り開けるときと、切り開けない時。そのあたりの時局を見分けらる力というのも、立派な大人の要素の一つである気が、今はする。

 

いつの時も、「頑張る」ことは大事だと思う。しかし、いつの時も、現状打破を目ざす必要はない。

 

私は、そう考える。違う意見の人もおられようが、私はこの考え方で心が安定し、頑張り続けることができるのだ。

 

これに気づいたことが、心の成長だと思いたい。

 

そして、いつか必ず、自分の道を切り開ける時が来る。